レポート

不動産ビッグデータ分析レポート第1回
-不動産相続後の時間経過に伴う売却傾向-

<レポート概要>

初回のレポートでは、不動産の相続に焦点を当て、相続が発生した後の売却傾向や東京23区の相続不動産のマーケット規模や、区ごとの相続発生件数の規模感などの情報を提供しています。

<一部内容のサマリ>

2022年10月に全国で相続または法人合併による所有権移転登記がなされた不動産のうち、2023年10月までに売買登記された物件の割合は、土地については3ヶ月で4%弱、1年で約7.8%でした。区分建物(マンションなど)は1年で約18%が売却されているという結果となりました。