不動産受付帳取得代行

不動産受付帳の取得代行はトラスタートにお任せ!

 

不動産受付帳の取得が大変!
取得にかかるコストを削減したい!
受付帳データの活用の仕方を知りたい!etc…
そんな方にトラスタートの受付帳取得代行サービスがおすすめ!

 

 

受付帳取得から活用までの道のりは困難

受付帳を実際に取得し、営業施策にご活用いただくまでは煩雑な道のりを辿らなければなりません。

実際に取得を行うための手順は各都道府県によって異なるものの、基本的には下記の⑴〜⑹の手順を踏む必要があります。

 

  1. 各都道府県の法務局の本局へ行く

⑵法務本局にて総務課または庶務課のどちらが受付窓口かを確認

⑶窓口で行政文書開示請求書を受け取り、必要事項を記入して申請

⑷申請から約3〜4週間後に本局から行政文書開示決定通知書が届き、再び本局へ向かう

⑸収入印紙を購入し行政文書開示決定通知書に添付

⑹窓口で行政文書開示決定通知書を提出し受付帳を受取る

(⑴〜⑹まで最速で約1ヶ月)

 

また、受付帳を取得した後には「任意の情報を抽出」「紙媒体から電子データへの変換」「見込客リストの作成」を行う必要があります

一般的に成約に至るまでには同じ顧客へのアプローチを3~6ヶ月間行うことが必須であると言われており、

上記のような取得から見込客リストの作成までの道のりを毎月継続させていかなければなりません。

こうした険しい道のりを数ヶ月以上もの期間地道に続けていく必要があるため、現状継続して取り組んでいる業者はそう多くありません。

 

 

トラスタートの取得代行サービスで不動産登記受付帳の活用効果を最大化

不動産登記受付帳は、掲載されている登記情報を多方面に活用可能な点に加え、

法務局まで行けば誰でも取得できる行政文書である故、非常に有用なサービスとなっております。

しかしその一方で、法務局本局との往復のやり取り、現地へ足を運ぶ手間、各都道府県により細かな閲覧手順が異なるなど、

取得までの道のりは容易ではありません。

また、受付帳の取得後にも、大量の情報を1件1件手で打ち込み、データ化するには膨大な時間を要します。

受付帳で最新の登記情報を獲得したとしても、施策の実行までに時間を要してしまっては効果が薄れてしまいます。

 

トラスタートのサービスを活用するメリット

  1. オペレーションを最速/最適化しており、毎月、全国の受付帳を取得可能な最短のスケジュールで収集可能!

  2. 高度化したデータベース化システムにより、受付帳取得からデータ化までをたったの数時間でご提供可能

  3. 上記オペレーション構築とシステム開発の結果、鮮度の高い情報をいち早くお客様にお届けし、営業施策への活用効果を最大化するサービスの提供が可能に!

 

トラスタートでは不動産登記受付帳の取得代行&データベース化サービス、所有者事項などの付与までも行いますので、すぐに営業施策にご活用いただけます。

更に、マーケティング施策の実行支援・データ分析までも一気通貫してご支援できます。

大量の登記情報の取得や、登記情報の活用方法でお困りの方は、TRUSTARTにお任せください。

 

お名前

貴社名

Email

お電話番号

役職

©️2021 TRUSTART株式会社 All Rights Reserved